歯科医院で行われる予防歯科

MENU

歯科医院で行われる予防歯科

歯科医院が嫌いで、歯科医院に行くのは、虫歯の痛みが我慢できなくなってからという人もいるでしょう。
しかし、虫歯の痛みが我慢できない状況とは、かなり虫歯が進行していることを意味しています。
そのため治療には痛みが伴いますし、時間もお金もかかってしまい、ますます歯科医院嫌いになってしまうわけです。

 

もしあなたが歯科医院で、虫歯の治療なんてもう二度と受けたくない。
そう思っているのであれば、定期的に歯科医院へ通うことをオススメします。
定期的に歯科医院へ通えば、初期の段階で虫歯を発見することができます。

 

歯科で行う定期検診では、歯磨きでは落ちないような歯垢をしっかり取り除きます。
さらに、フッ素塗布を行うことで、健康で虫歯になりにくい歯を維持することができるでしょう。
定期検診自体は、痛みを伴い処置は一切なく、汚れがキレイになる事で、口の中がスッキリとします。
また目安としては、年に2〜3回程度でいいので、通うこと自体も決して大変ではありません。

 

立川にある歯医者なら、東京の西側からのアクセスが抜群によく、通うのが苦痛ではありません。

 

ちなみに歯科医院の予防歯科で行う治療は以下のようなものです。
歯や歯茎の状態、口の中の雑菌の数などの検査を行います。そして磨き残しが多い人には、歯磨き指導を行います。
その他、歯ブラシだけではなかなか取り除くことができない、歯石を除去するスケーティング。
プラークを専用機器で取り除くPMTC、歯を丈夫にするフッ素塗布などを行います。
さらにシーラントと呼ばれる方法は、プラークが残りやすい噛み合わせの溝を樹脂で防ぐ行為も希望すれば行ってくれます。

 

虫歯だけでなく、加齢に伴い歯周病のリスクも高まりますが、定期検診を行っておけば、歯周病も予防することができます。