予防歯科の3つのポイント

MENU

予防歯科の3つのポイント

歯の健康を守りたいと思うのであれば、虫歯になってから治療を行うのでは対応が遅いと言えます。
そうではなく、虫歯にならないように毎日ケアをすることが必要です。

 

そして虫歯・歯周病予防において重要な事は3つあります。
フッ素を歯に残す事、歯垢をキレイに洗浄する事、口内環境で雑菌を増やさない事です。
では具体的に、それぞれ紹介していきます。

 

まずフッ素とは、歯の健康を守る成分です。
よく歯磨き粉やガムに「フッ素配合」という文字を見かけますよね。
フッ素は口内で、歯の質を強化する働きと、口内が酸性になるのを防ぐ働きがあります。

 

歯垢とは歯の汚れの事で、奥歯や歯の間など磨きにくい部分に付着します。
そのため正しい方法で歯磨きをすることが必須ですが、歯ブラシだけで全て取り除くのは不可能です。デンタルフロスや歯間ブラシを使用しましょう。

 

そして口内の雑菌を増やさないためには、殺菌効果があるデンタルリンスを就寝前に使用して下さい。
あとは、唾液の分泌量を増やせば、口内の雑菌が減少します。
食事をよく噛んで食べる、規則正しい生活をする、栄養のバランスのとれた食事をするなど、身体の健康に気遣った生活習慣を送る事は、歯の健康にも効果的です。

 

以上の3つのポイントを守って、毎日のケアを行いましょう。
ただし毎日のケアだけではフォローできない部分は、プロのケアに任せる事も大切です。
定期的に検診に行き、歯の状態をチェックし、歯垢を取り除いてもらう事をオススメします。
定期検診を面倒と思う人もいるかもしれませんが、虫歯になってから治療に通う方が、よほど面倒ですよね。

 

本厚木歯科クリニック