PDCAサイクルについて

MENU

PDCAサイクルについて

あなたはPDCAサイクルという言葉を聞いた事がありますか?
PDCAサイクルとは、4つの工程の頭文字です。
PはPLAN(計画)、DO(実施)、CHECK(評価)、ACT(改善)の4つの工程を行う事で、生活習慣を改善し、健康な歯を維持する事ができます。

 

若い頃は免疫力が高いので、特に何もメンテナンスをしなくても、健康を維持する事は難しい事ではありません。
ですが、35歳ぐらいから免疫力が徐々に低下していきます。
口内環境では、唾液の分泌量が減少してしまう事で、虫歯や歯周病になりやすくなり、40歳前後で医療費が急激に増加します。
40代になって虫歯や歯周病になってから、慌てて治療を行い、日常生活を改善するのでは遅いのです。

 

予防歯科について詳細はここhttp://yui-oc.com/

 

なるべく若い時から、PDCAサイクルを行い、健康な歯を守り、虫歯や歯周病を予防する事が重要だと言えるでしょう。
では生活習慣でどのような点に、気を付ければいいのか紹介していきます。

 

まず食生活は栄養のバランスのとれた食事を摂取する事で、免疫力をアップする事ができます。
また運動不足や睡眠不足も免疫力を低下させる原因となるため、規則正しい生活と適度な運動を心掛けましょう。

 

そしてストレスも免疫力が低下する原因になります。
しかしストレスを無くす事は難しいので、ストレスを溜めこまずに、上手に発散する術を身に着ける必要があります。
そして嗜好品であるタバコは、健康に悪いというイメージはあるかもしれませんが、実は歯周病の原因にもなります。
喫煙により、血行の流れが悪くなる事で、歯周病になりやすくなるためです。

 

自分の日常生活を見直し、虫歯や歯周病になりやすい習慣は改善し、歯科予防に努めましょう。