唾液検査(サリバテスト)について

MENU

唾液検査(サリバテスト)について

虫歯になって、歯の治療を行うよりも、虫歯にならないように気を付ける事の方が歯の健康にとっては非常に効果的だと言えます。
ですが、虫歯にならないように予防すると言っても、何をどう注意すればいいのか分からないという人も多いですよね。
そんな人にオススメしたい方法が唾液検査(サリバテスト)です。

 

唾液検査(サリバテスト)を行う事で、何が分かるのかというと、虫歯菌の数や食生活、歯を守る力がどれぐらいあるのかが分かります。
つまり、現状を把握した上で、何を改善すればいいのかが分かるというわけです。
ではどのように検査が行われるのか、紹介していきます。

 

まず5分間、味のないガムを噛んで唾液の量を測ります。
口の中に唾液が多いほど、抗菌作用が働き、汚れを洗い流す事ができます。
また唾液がたくさん分泌される事で、食事をした事で酸性やアルカリ性になってしまった口の中を、中性に戻そうと働きかけます。

 

唾液検査(サリバテスト)では、虫歯菌の数も分かりますが、虫歯菌とは一種類ではありません。
複数の種類が存在し、それぞれ働きが異なります。
例えば、ニュータンス菌量は1番メジャーな虫歯菌です。
ネバネバとした汚れが歯に付着するため、プラークの原因となる菌です。
この菌の数が多いと、口内は虫歯になりやすい状況で注意が必要だと言えます。

 

ラクトバチラス菌は、虫歯の進行を促す菌です。
日頃から甘いモノを食べている人に発生しやすい菌で、砂糖+ラクトバチラス菌で口内が強い酸性になってしまいます。
まずは唾液検査(サリバテスト)で、自分の虫歯の原因を知り、日常生活を改善する事で、虫歯予防につながります。

 

マークスタワーデンタルクリニックの公式HPhttp://www.cosmedental.net/