歯周病を予防する歯磨き

MENU

歯周病を予防する歯磨き

歯周病とは、歯に付着したプラークと呼ばれる
細菌群が原因で引き起こされる歯茎の異常のことを指し示します。

 

プラークは食べ物のカスなどとは違い、
歯に付着してしまうとなかなか落ちません。

 

口を軽くゆすぐだけでは取り除くことが出来ないため、
歯磨きで落とす必要があります。

 

パーフェクトペリオなどの新たな予防法ももちろん効果的ですが、
毎日の歯磨きを疎かにしてしまうとその作用も半減してしまうのです。

 

歯周病を予防するために必要な
歯磨きの方法について知っておきましょう。

 

多くの歯科医院では、
歯ブラシの大きさをコンパクトなものにするよう指導されます。

 

なぜかというと、ヘッドが小さいと1度のブラッシングで磨ける範囲は減りますが、
その分奥歯などの磨きにくいところまでブラシが届くからです。

 

正しい歯磨きのキーワードは
「丁寧かつ小刻みにブラシを動かす」です。

 

ペンを握るように歯ブラシを持ち、1本ずつ丁寧に磨くことを心掛けます。
ブラシは斜め45度の角度で当ててください。
はじめは歯茎と歯の間にブラシを当てて、
徐々に歯の先の方へ移動させていきます。

 

力はいらないので、小刻みに動かすようにしてください。
横方向に擦りつつ、ブラシを上下させるイメージです。

 

この動きを終えたら、次は歯ブラシを縦にしてからもう1度磨きます。

 

1本の歯を縦と横の2方向から磨くことで、
プラークや食べカスを綺麗に除去できるのです。

 

このように丁寧に磨いていると、
歯ブラシは1ヶ月程度で毛の部分がダメになってしまいますから、
それを目安に交換してください。

 

自分の磨き方に自信が無いという人は、
歯科医院でブラッシングを見てもらうようにしましょう。
歯周病予防の提案はさとり歯科医院で詳細を確認できます。