歯間を磨いて歯周病を予防

MENU

歯間を磨いて歯周病を予防

お口をケアする方法として、最もポピュラーなのが歯磨きです。

 

歯磨きをきちんとやっておけば、
歯周病や虫歯になることは無いと思っていませんか?

 

実は、歯磨きでは汚れを落とし切れない場所から
お口トラブルが始めることも少なくないのです。

 

その場所というのが、歯と歯の間になります。
どんなに毛先に細い歯ブラシでも
歯間を完璧に磨くことが出来ません。

 

特に、うがいでは落とすことが難しいプラークが歯間で繁殖すると、
歯周病の思わぬ原因になってしまいます。

 

歯間をカバーする歯周病予防としては
パーフェクトペリオなどの方法もあります。

 

しかし、毎日やるのは金銭的に厳しいという人もいますよね。
自宅で毎日出来る歯間磨きを試してみましょう。

 

歯間磨きの方法としては、
デンタルフロスと歯間ブラシの2種類が一般的です。
原則としては、デンタルフロスを使用することをおすすめします。
デンタルフロスの方が歯に力をかけていることが実感しやすいため、
磨き残しが少なくなるからです。

 

フロスの使い方は慣れてしまえば簡単です。
フロスを1mほどの長さで切り、
両端を左右の手の中指に巻き付けます。
人差し指と親指でフロスを固定し、歯の間に入れて擦りましょう。

 

歯間ブラシを使用していただきたいのは、歯と歯の間が大きく空いている方です。
歯茎にも細菌が付着していることも多く、
歯間ブラシであれば歯茎に付着した細菌も同時に取り除くことが出来ます。

 

これから歯間磨きを始めようという人は、
1度歯科医院に行って磨き方を指導してもらうと良いでしょう。
新百合ヶ丘で歯磨き指導を受けるならC&Cデンタルオフィス

関連ページ

歯周病を予防する歯磨き
歯周病を予防する歯磨き
歯周病予防に使いたい歯磨き粉の特徴
歯周病予防に使いたい歯磨き粉の特徴
歯周病を防ぐための生活習慣
歯周病を防ぐための生活習慣
歯周病を予防するための治療とは
歯周病を予防するための治療とは