歯周病予防に使いたい歯磨き粉の特徴

MENU

歯周病予防に使いたい歯磨き粉の特徴

歯磨きをするとき、歯磨き粉をつけて磨くという人も多いともいます。

 

皆さんはその歯磨き粉をどのような基準で選んでいるでしょうか?
歯磨き粉にはそれぞれ特徴があり、
配合されている成分によってその効果も変わってきます。

 

今回は、歯周病を予防したいときにお使いいただきたい
歯磨き粉の成分について見ていきましょう。

 

歯周病の原因は、プラークです。
プラークというのは、簡単にいうと細菌の塊のことを表します。

 

食べ物のカスなどとは異なり、きちんと歯磨きで除去しなければ
取り除くのが難しいといわれています。

 

歯磨き粉に含まれている成分の中でも、
デキストラナーゼというものはプラークを分解する働きを持っているのです。

 

お口の中でプラークがこれ以上広がるのを防ぎたいという人は、
デキストラナーゼが配合されているものを選択しましょう。

 

プラークは歯周ポケットと呼ばれるスポットで繁殖を繰り返し、
歯茎を侵食していきます。
プラークに浸食された歯茎は腫れを帯び、
最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうこともあるのです。

 

ビタミンEや塩化ナトリウム、トリクロサンといった成分は歯茎の腫れを予防し、
歯周病がこれ以上広がらないようにする効果を持っています。

 

プラークの除去も大切ですが、歯茎そのものの健康を守るためにも、
歯磨き粉がこのような成分を含んでいるのか確認しておくことをおすすめします。

 

歯周病はセルフケアである程度までは予防可能ですが、
何もかも自分でやろうとする必要はありません。

 

定期的に歯科医院を受診して、
自分のケア方法が歯に良いのかをチェックしてもらうのも大切なのです。

関連ページ

歯周病を予防する歯磨き
歯周病を予防する歯磨き
歯間を磨いて歯周病を予防
歯間を磨いて歯周病を予防
歯周病を防ぐための生活習慣
歯周病を防ぐための生活習慣
歯周病を予防するための治療とは
歯周病を予防するための治療とは